会社員副業研究会のサイトへようこそ

 

多くの会社では副業を行うことは禁止されています。
会社の規定として明確に謳ってない会社であっても確認すると
「NO」という回答が返ってきます。
それは、なぜか・・・ですが、これは明確です。
本業に支障がでるからです。
バイトしていて本業に支障が出たとはいえないので当然です。
しかしながら会社員の副業は最近注目されています。
なぜなら、本業の収入は減る一方ですが、増税等で支出は増加
していっています。
会社側も利益を出さないといけないし、利益を出すためには削
らないといけないものは削るということです。
ということで自然な流れとして会社員は隠れて副業をするとい
う流れになっていってます。
ビッグトゥモローやザイなどのマネー誌が売れているのもこう
いった理由からです。

 

注意しないといけないのは、会社が規定等で副業を禁止してい
る場合は見つかった場合は何らかのペナルティーがあるという
ことです。

 

規定で禁止してなくても何等かのペナルティーがあると思って
おいたほうがいいでしょう。

 

実際に会社から貰う給料だけでは不足する

 

現実問題として毎月の給料ではお金が不足しているという人は
多くいます。
こういう場合は、まず奥さんがパートに出て働く。
足りないお金は、切り詰めるということを行います。
切り詰めるのにも限界があるので副業ということになります。

 

どれだけ稼ぎたいかで何をするかが決まる

 

会社員副業研究会では、月収20万円を狙える副業をターゲット
にして書いていきます。

 

なぜ20万なのか「私は月に2,3万もあれば充分」と思うかもしれ
ません。

 

20万にした理由は、月に2,3万であれば空いた時間にコンビニ等
でアルバイトをすればよくあえてサイトを作って説明する必要も
ありません。

 

また、時間労働(時給制)だと確実に働いた時間分のお金は貰えま
すが、労働時間は増えてやはり本業に影響する可能性があるから
です。

 

時間労働ではなく本業に影響が少なく儲けられる可能性があるも
のを紹介していきたいと思います。

 

もちろん、「クリックひとつで毎月20万」とか「1日5分で毎月
20万」というような怪しいものは紹介しません。

 

毎月20万と言えばりっぱなビジネスです。
初期投資が必要なものもありますし、努力も必要です。
時間労働でないため、時給に換算すると50円とか100円になる場合
もありえるし赤字になる場合もありえます。

 

そんな儲かるかどうか「わからん副業には興味がない」確実に
お金が貰えるコンビニがいいという人は他のサイトに行って下さい。

 

 

会社員が本業の合間にできるビジネスをしましょうというサイ
トです。
甘くはないです。行うなら腹を括って頑張りましょう。

 

頑張って成果がでれば本業を超える収入が得られることもあり
ます。